小口輸入業者のための
販路拡大支援

小口輸入業者のための販路拡大支援 販路ドットビズ

小口輸入

販路拡大

 役立ち本

 メルマガ

 

お客様の個人情報を取り扱うネットショップでは必要に応じてページにSSL暗号化技術を使ったセキュリティを かける必要があります。

最終更新日
2005/05/04

販路拡大への道

はじめに

ネットに接続

 

本店開設

ネットショップ本店

最初はプロに任せる

ドメインをとる

サーバーを借りる

SSLを使う

ショッピングカートを使う

決済を考える

検索サービス利用

アクセス解析をする

梱包にこだわる

メルマガ発行

アフィリエイト参加

 

支店開設

ショッピングモール出店

共同購入システム参加

販路拡大支援サイト 販路ドットビズ

■ SSLを使う  ■

ネットショップで一番大事なのは信用。それを裏付ける技術がSSLです。
 

ページにセキュリティをかける

ネットショップ本店は信用力を増すために設置します。本店でモノが売れればそれに越したこと無いですが、本店はそれよりもショップの信用力を増すことが最大の目的です。 顔である本店がしょぼかったら話になりません。

ネットショップ本店には会員のページやメールフォームを設置することが多いです。顧客の情報を扱うページは必ずSSLがかかっていなければなりません。ネットショップは顧客情報を守るという基本姿勢 を見せなければならないからです。
 

SSLとは?

ではそのSSLとはなんでしょう?

SSLとはSecure Socket Layer の略で、暗号化された安全な通信を提供する技術です。

詳細はインターネットで調べてもらうとして、ここでは簡単に。今ご覧のブラウザのアドレスバーには「http://」で始まるURLが表示されていると思います。これが通常の状態。このページにSSLがかかっていると[https://」になります。これでこのページは暗号化されましたという証です。

しかし暗号化されてもじつは万全ではありません。悪意のある人が時間をかければ暗号は解読されてしまいますが、それには膨大な時間がかかってしまうため、事実上安全が確保されるわけです。サイトの安全性をアピールするためにもネットショップにSSLは必須です・・すぐにSSLサーバ証明書を申し込む!

なお、レンタルカートシステムなどを使ってお買い物をする画面ではほとんどSSLがかかっているので、「買い物カゴ」については改めてSSLを申し込む必要はありません。本店でCGIを使って自前で「買い物カゴ」を展開する場合や、メールフォームなどを設置する場合は必須です。
 

このページの内容についてたまごやに助言を求める(無料)

Produced by デジタルたまごや会社情報お問合せサイトマップ