小口輸入業者のための
販路拡大支援

小口輸入業者のための販路拡大支援 販路ドットビズ

小口輸入

販路拡大

 役立ち本

 メルマガ

 

ここはメールマガジンについての情報を提供するページです。 攻めのツール「メルマガ」で顧客の心をつかむ戦略を立てましょう。

最終更新日
2005/05/04

販路拡大への道

はじめに

ネットに接続

 

本店開設

ネットショップ本店

最初はプロに任せる

ドメインをとる

サーバーを借りる

SSLを使う

ショッピングカートを使う

決済を考える

検索サービス利用

アクセス解析をする

梱包にこだわる

メルマガ発行

アフィリエイト参加

 

支店開設

ショッピングモール出店

共同購入システム参加

販路拡大支援サイト 販路ドットビズ

■ メールマガジンを発行する  ■

 

メールマガジンを活用する

メールマガジンとはメールで届くお知らせです。まぐまぐmelma!などの配信サイトが有名ですが、このマガジンを販促ツールとして使うのが有効です。

攻めのメルマガ、守りのホームページといわれるくらい重要なツールで、ネットショップのマーケティングには欠かせません。具体的にはメルマガでお得なお知らせをして、ホームページへ誘導するのです。ホームページだけでもダメで、またメルマガだけでもダメです。両方を連携させて初めて効果があります。
 

望まれるメルマガ作り

最近では、スパムメールやウイルスメールなど、ほしくない情報が無差別に届くという状況が原因して、メルマガのステータスはかなり下がっています。

そんなダーティーなインターネットで、自社のメルマガを価値あるものとして認識させるには、かなりの努力が必要になってきます。質の低いメルマガなど出そうものなら、スパム業者として認識され、ショップの評判を落とすことにもなります。

本当に価値ある情報を、ほしい人にのみ配信する。売りたいために間違ってもメールアドレス販売業者から買ったり、それに対してメルマガを配信したりしてはいけません。ほしい人には手をあげさせ、それから配信しなければなりません。
 

メルマガは独自配信する

メルマガはまぐまぐなどの無料の配信サイトを使うこともできますが、最近サービスを中止するサイトが増えています。例:PUBZINE

こういった無料配信サイトは読者アドレスは公開しません。したがってせっかく読者を集めて展開しても、サービスを中止されるとその読者もろとも失うことになります。

そういったアクシデントを避けるため、最初から読者メールアドレスを自社で保持管理できる独自配信システムを利用することをオススメします。

独自配信システムといってもいろいろあるのですが、最近では安価にしかも読者集めもしてくれるサービスがでてきていますので、それらを利用するといいでしょう・・詳細>>
 

 

このページの内容についてたまごやに助言を求める(無料)

Produced by デジタルたまごや会社情報お問合せサイトマップ