小口輸入業者のための
販路拡大支援

小口輸入業者のための販路拡大支援 販路ドットビズ

 小口輸入

 販路拡大

 役立ち本

 メルマガ

 

ここでは小口輸入における輸送手配のノウハウを提供しています。商品に合った輸送手段を選びましょう。

最終更新日
2005/05/04

商品を輸入する

小口輸入とは?

小口輸入をやってみたい

今なぜ小口輸入なのか

小口輸入の流れ

見本市の活用

代金の決済

輸送の手配

小口輸入業者リンク

販路拡大支援サイト 販路ドットビズ

目指せ!
輸入ビジネス起業家!!

■ 輸送の手配  ■

軽いもの、重いもの、軽いけどかさばるものなど、商品に応じての輸送の手段を変える必要もでてきます。商品に合った輸送手段を検討しましょう。

経済性を選ぶ

商品が安価でも輸送にコストがかかっては元も子もありません。しかし輸送はしなければならないのですから、商品に見合った輸送方法を的確に判断する必要があります。輸送方法は以下のようなものがあります。

  1. 国際郵便小包船便

  2. SAL便(船便と航空便を併用するもの)

  3. 航空郵便小包(普通)

  4. 航空郵便小包(EMS)

  5. 国際宅配便(UPS、DHL、FEDEX、日通ペリカン便)

  6. 貨物輸送(海、空)

このうち、1〜5はドア・ツー・ドアで輸送されその上無料関税代行サービス付です。配達の際に立替金(関税、消費)を請求されます。

重量制限があり、国際郵便小包の場合は20kgまで、EMSは30kgまで、国際宅配便(FEDEX)の場合は70kgまで可能です。

※重量制限や容積制限は宅配業者や相手地域によって変わりますので事前に確認してください。

小口輸入業者リンク>>

このページの内容についてたまごやに助言を求める(無料)

Produced by デジタルたまごや会社情報お問合せサイトマップ