小口輸入業者のための
販路拡大支援

小口輸入業者のための販路拡大支援 販路ドットビズ

 小口輸入

 販路拡大

 役立ち本

 メルマガ

 

ここでは小口輸入における代金決済の方法と注意点、 クレジットカードがオススメ等の情報提供しています。

最終更新日
2005/05/04

商品を輸入する

小口輸入とは?

小口輸入をやってみたい

今なぜ小口輸入なのか

小口輸入の流れ

見本市の活用

代金の決済

輸送の手配

小口輸入業者リンク

販路拡大支援サイト 販路ドットビズ

目指せ!
輸入ビジネス起業家!!

■ 代金の決済  ■

小口輸入による海外取引の場合は代金決済は前払いあるいはクレジットカードによる支払いが一般的です。

クレジットカード払いがオススメ

小口輸入ですから代金後払いということは将来はあっても当初はまずありえないでしょう。

代金決済については、原則として全額前払いです。輸送にかかる付帯費用もあるので、それについても計算しなければなりません。なんだかんだ結構かかるのが輸入業務です。

付帯費用については事前にわかっていればいいのですが、そうもいかない事が多いです。そんなときはクレジットカードが便利です。付帯費用を後で計算して、その費用を合計した上で決済が可能だからです。

クレジットカードのなかでも、VISAやMasterカードが喜ばれます。きっとこれらのカードが手数料も安く、何かと使いやすいのでしょう。相手が喜ぶ決済方法を進んで採用することも、輸入ビジネスを円満に進めるコツでもあります。

銀行送金も可能ですが一件最低でも2,500円の手数料がかかります。利便性を考えたら絶対クレジットカードがいいです。

そのクレジットカードですが個人名義でも法人名義でも大丈夫ですが、有効期限が6ヶ月以上あること、なおかつ利用残高が十分にあることが条件となります。

買付け予算配分において利用残高を7対3にわけ、7が商品代金、3が前払い運賃付帯費用と見積もりましょう。例えば利用残高40万円の場合商品代金充当額が28万円、残り12万円は運賃充当とします。

万一利用残高が不足する場合はカード会社に事情を説明すれば利用枠を増額してくれる場合があります。いずれにしても利用限度額の大きいカードを使うのが安心ですね・・ノースウエスト/シティバンク ワールドパークス VISAカードはいかがでしょう?マイルも貯まります。
 

輸送の手配>>

このページの内容についてたまごやに助言を求める(無料)

Produced by デジタルたまごや会社情報お問合せサイトマップ