小口輸入業者のための
販路拡大支援

小口輸入業者のための販路拡大支援 販路ドットビズ

 小口輸入

 販路拡大

 役立ち本

 メルマガ

 

小口輸入をやってみたいという人が増えています。今なぜ小口輸入なのでしょうか?その背景には消費者のライフスタイルの変化があるようです。

最終更新日
2005/05/04

商品を輸入する

小口輸入とは?

小口輸入をやってみたい

今なぜ小口輸入なのか

小口輸入の流れ

見本市の活用

代金の決済

輸送の手配

小口輸入業者リンク

販路拡大支援サイト 販路ドットビズ

目指せ!
輸入ビジネス起業家!!

■ 今なぜ小口輸入なのか  ■


ライフスタイル提案型小売形態の台頭

それは現代の小売業の業態が変化していることに由来しています。

不況の世の中、消費者は消費に対して非常に慎重です。しかし豊かな生活はしたいと思っており、ここぞというときには思い切りのよい消費をします。小売業もそういったトレンドを認識して、ライフスタイル提案型のショップ運営に変わってきています。どこにでもあるような商品をただ漫然と並べただけでは売れなくなってきているのです。

一味違う商材の発掘

日本国内ではどこに行っても同じものが同じ値段で買えます。生活消耗品ならばそれでもいいですが、ある程度の耐久財となればそれでは新鮮味がありません。しかし、海外に目を向ければそこは珍しいものの宝庫です。デザインの優れた商品、夢のある商品など世界にはたくさんあります。自社あるいは自店の商品にそれらの一味違う海外商品を加えることで同業他社との差別化を図ることができます。
 

安い買付け価格

また、価格も見逃せません。日本で売られている輸入商品は競争も少ないせいか非常に高価に売られている場合が多いです。同じ商品を海外で探すと、日本で売られている商品の四分の一にも満たない価格であることもあります。そのような商品を買付け、輸入にかかる諸経費をたしても、日本で売られている価格の半額くらいで販売することが可能です。

つまり、個人で始める小口輸入であっても十分競争力があるということなのです。大手商社が20万円で売っているものを、個人が10万円という価格で殴り込みをかけられる。そんな醍醐味もあるのが小口輸入なのです。
 

必要なモノのを必要なだけ輸入する

小口輸入は直輸入だから安く買えます。しかし安いからといって大量に買いこんではいけません。商品のバリエーションを増やすのが目的であって在庫を増やすのが目的ではないからです。海外の商品提供者は大量に買わせようとしますがその手に乗ってはいけません。少量買付けが大原則です。

また商品の価格交渉や選別など目利きが必要ですから、取り扱う商品については精通していることが必要です。得意分野ならも商品の良し悪しが直感的にわかるものです。欲を出してあまり詳しくない商品に手を出すと、思わぬ失敗をすることがありますので注意しましょう。
 

小口輸入の流れ>>

このページの内容についてたまごやに助言を求める(無料)

Produced by デジタルたまごや会社情報お問合せサイトマップ