小口輸入業者のための
販路拡大支援

小口輸入業者のための販路拡大支援 販路ドットビズ

小口輸入

販路拡大

 役立ち本

 メルマガ

 

インターネットの住所、独自ドメインをとりましょう。 世界でたった一つのあなたのドメインです。善は急げ!早い者勝ちです。

最終更新日
2005/05/04

販路拡大への道

はじめに

ネットに接続

 

本店開設

ネットショップ本店

最初はプロに任せる

ドメインをとる

サーバーを借りる

SSLを使う

ショッピングカートを使う

決済を考える

検索サービス利用

アクセス解析をする

梱包にこだわる

メルマガ発行

アフィリエイト参加

 

支店開設

ショッピングモール出店

共同購入システム参加

販路拡大支援サイト 販路ドットビズ

■ 独自ドメインをとる  ■

オークションのサイトで、有名人・有名企業のドメインが高値で売りに出されたりする一方で、すでに自分の名前をホームページアドレスにして、うまく活用しているスポーツ選手やアーティスト、政治家もいたりして、ドメインが大ブームになっています。そもそもドメインとはなんでしょう?
 

ドメインとは?

まず始めることはネットショップとしての本店を持つことです。ネットショップには信用が必要です。訪問者に対する信用だけでなく、クレジット決済などを導入するうえでは本店が審査の対象となります。売れる売れないにかかわらず本店は持たなければなりません。本店を構えるためのノウハウはこちら ・・詳細>>
 

ドメインはインターネット上の住所です

「ドメインとは?」という人でも、ホームページアドレスやメールアドレスと聞いたら「そんなの知ってるよ!」と言うことでしょう。じつは、ホームページアドレスやメールアドレスの中にドメインが含まれています 。メールアドレスの@の右側がドメインです。

例: info@hanro.biz (hanro.bizがドメイン)
   http://hanro.biz/

ドメインとは、ネットワークに接続しているコンピューターが、どこに存在しているかを示すインターネット上の住所です。 広いインターネットの中にいても正しい住所をもっているから、間違えないで目的の場所にたどり着くことができるのです。

「もし仮に同じ住所が世界に2つ存在していたら?」これは絶対にありえませんね。ドメインもまったく同じで、 ドメインも世界でただ一つです。同じドメインは二つと存在できないことになっています。

早速自分のほしいドメインを検索してみましょう・・詳細>>
 

ドメインを決める

ドメインはできるだけサイトの特徴を現すものを付けましょう。

たとえば絵画を扱っているABC商店があったとします。この場合、会社案内をするようなサイトの場合は「
http://ABC.co.jp/」などというドメインをつけますが、絵画を前面にアピールするなら「http://kaiga.jp/」などのドメインのほうがわかりやすいです。

また、絵画だから「picture.jp」などと英訳したドメインを考えがちですが、日本で展開する場合は、むしろ日本語をローマ字にしたドメインのほうが良いとされます。

たとえば今ご覧のこのサイトは「hanro.biz」というドメインです。hanroは「販路」です。bizは「ビジネス用」のドメインです。販路拡大がテーマで輸入業者向けのサイトというjことで「http://hanro.biz/」というサイト名にしました。

サイトで何をするのか?よく考えた上でドメインを決定しましょう。
 

ドメインは早い者勝ち

ドメイン登録は基本的に先願主義(早い者勝ち)です。現在、ドメインは非常に速いペースで登録されているため、欲しいドメインが見つかったら、近いうちにホームページを作る予定がない場合でもドメイン登録を行なうことをお勧めします。
ドメインにはとったほうがよい順序があります。ここ「販路ドットビズ」は「biz/ドットビズドメイン」ですが、一般ユーザー向けなら「com/ドットコムドメイン」がいいでしょう。日本国内でのビジネスなら「jp/ジェイピードメイン(汎用jpドメイン)」もいいと思います。

いずれにしても早い者順なので、まずドットコムドメインで探し、先にとられていたらドットジェイピードメインを探し、それでもダメならドットビズドメインにしましょう。

最近ではドメインが取れてその管理料金も含めてすべておまかせできる便利なサーバーがあります・・詳細>>
 

NEXT>>

 

このページの内容についてたまごやに助言を求める(無料)

Produced by デジタルたまごや会社情報お問合せサイトマップ